採用情報:事業と歴史

菊谷茂吉商店採用情報:事業と歴史

キクタニが展開する事業、製品やサービス、そして150年を越える歴史を紹介します。

キクタニの事業

菊谷茂吉商店は、1869(明治2)年の創業以来、日本の漁業を支える事をミッションとしてきました。
現在では「キクタニグループ」を形成し、大きく3つの分野の事業を行っています。

  • 漁業・養殖関連事業
  • ホテル事業
  • 不動産開発・コンビニ展開等事業

株式会社菊谷茂吉商店は、このなかで中心となる「漁業・養殖関連事業」を行う会社です。

漁業・養殖関連事業

創業以来の漁網や漁具の仕立・販売とともに、現代の漁業や養殖産業を支える省力・自動化機械等の開発製造を行い、日本の漁業、ひいては日本の食を支える事業です。
漁網・漁具・漁業省力化機械・養殖施設装置などにおいて、確かな品質を永年にわたってお届けしてきた「キクタニ」ブランドは、皆様から強い信頼をいただくブランドとなっています。

漁網・漁具

各種漁網の魚種や漁法に最適な網の仕立てから関連漁具、技術指導や、定置網の漁場調査から網の設計・製作、現地敷込みまで行っています。
養殖網については、大型仕切網から特殊形状の生け簀まで、どんな型・サイズでもお客様のご要望にお応えできるのが自慢です。

【製品・サービス】漁網(旋網き網、底引き網、棒受網、刺網、定置網、いけす網など)、漁具(浮子、沈子、ロープ、撚糸など)、養殖施設(漁網かた施設設計までの各種アドバイス・サポート)など

漁撈機械・養殖装置

キクタニ式の「投餌機」、「撹拌造粒機」、「造粒プラント」をはじめ、網捌機、自動巻揚機、自動網洗機など、数々の省力化製品を開発・販売し、省力化、低コスト化、資源の高度利用など環境保全型漁業の推進を支援しています。

【製品・サービス】クレーン、パースウインチ、ネットホーラー、網捌き、網洗機、飼料ペレット製造機、投餌・冷凍餌自動投入機など

漁船建造・改造、船舶部品販売

漁船や養殖船の造船および修理・改造。また、魚群探知機から安全用具・船舶備品までの販売を行っています。

【製品・サービス】漁船・養殖船の建造・改造・修理。油圧配管工事など付帯設備一式を含めた操業船の設計・施工。魚群探知機、巻揚機、発電機、洗浄ポンプ、レーダー、ソナー、救命いかだ、セーフティーアンカーなど。

不動産関連事業

漁業関連以外にも、菊谷グループは、福岡市の都心・博多駅前などでの「博多グリーンホテル」の経営を始め、各種不動産賃貸、コンビニエンスストアなど、時代の変化に即応した事業を幅広く展開しています。

»事業案内ページ

キクタニの歴史

キクタニの歴史は、1869(明治2)年に菊谷新七が赤間関(現在の下関)で漁網や漁具を商う「菊新本店」を始めた150年以上前まで遡ります。

近・現代漁業を下支え

創業以来、漁網を中心とする漁業資材の商社として歩みながら、漁業・養殖産業用の省力・自動化機械等の開発製造にまで事業を拡げてきました。今日では、西日本津々浦々の業関係者の皆様より熱いご信頼をいただいています。

海外進出や多角経営

近年では、長年にわたって培ってきた技術とノウハウを携えて中国・台湾・フィリピンなどの海外へも進出。さらにグループ全体としてはホテル経営、コンビニエンスストア、不動産賃貸・開発等、時代の変化に即応した幅広い事業を積極的に展開し、変化に柔軟に対応できる事業体制を築いています。

菊谷茂吉は代々襲名

「菊谷茂吉」とは、1928(昭和3)年に創業者・菊谷新七の長男が二代目をとなった時に、「菊谷茂吉」を襲名し、以来、代々受け継がれてきた歴史ある名跡です。

150周年を迎え、200年へ

2019(平成31/令和1)年、菊谷茂吉商店は創業150年を迎えることが出来ました。
この歴史ある暖簾を大切にしながらも、しかし常に「今」に安住することなく「グローバルな視野で新領域へ」と、さらなる飛躍を目指して事業に邁進しています。

▼採用情報トップ

»会社案内ページ
»150周年記念ページ